ビバ!すばライフ♪

豊かな老後ライフを送る為の応援ブログ

新社会人のバイブル!?私のおじさん

岡田結実さん主演ドラマ「私のおじさん」が今夜最終回を迎えます。

バラエティ制作の現場を舞台に、新米AD一ノ瀬ひかり(岡田結実)の苦悩と奮闘ぶりを描くコメディタッチのお仕事ドラマです。

 

以下、微妙にネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

 

一癖も二癖もある個性豊かな同僚たちに翻弄されるひかり(岡田結実)の前に、自称“妖精のおじさん”(遠藤憲一)が現れるのですが、その姿は彼女にしか見えないという、なんともファンタジーな設定で、ひかりとおじさんのやりとりは、コントを見てるようで笑えます。

 

入社早々、無理難題を押し付けられて会社を辞めたくなったり、

お局にネチネチ言われたり、挫折や失敗を乗り越えながら、おじさんの力も借りつつ、ちょっとずつ成長していくひかりの姿が描かれています。

 

このドラマ、視聴者の年代によっても感じ方が結構分かれる作品だと思います。

 

例えば自分なんかは年齢的には妖精のおじさんよりもちょっと下くらいの感じなので、ついついおじさん目線で視聴してしまっています。

 

理不尽な要求をされたり、ちょっと仕事を覚えると自信過剰になったりする場面は社会人になりたての自分にも経験があるので、懐かしい気持ちにもなりました。

 

今は会社の上の立場で頑張っておられる方々が観ても、どこかしら若かりし頃のご自身と重なる部分もあるのではないでしょうか?

 

一方、社会に出て間もない方が実際ひかりのような困難にまさに遭遇しているとすれば、おじさんの助言やひかりの行動からご自身のモチベーションを上げていただけるかもしれません。

 

加えて、ひかり役の岡田結実さんは現在18才。

バラエティではよく見かけるけど、このドラマが初主演です。

 

まだドラマ出演も少ない上に実年齢と相まってか、初々しさがにじみ出ています。

 

まさにハマり役です!

 

なので、若い方にもきっと共感していただけることでしょう。

 

それゆえにこのドラマはこれから新社会人になる皆さんにも是非お勧めしたい作品なのです。

 

実社会ではドラマのように上手くいくことばかりではありませんが、もし壁にぶち当たってしまった時、このドラマをヒントにして乗り越えていって欲しいと願います。

 

残念ながら今日の最終回を残すのみとなってしまいましたが、今後動画配信やDVDなどで機会があれば、チェックしてみてくださいね(^^)